Menu

業務内容

Home

業務内容

鉄骨建方

鉄骨建方

鉄骨建方とは、鉄骨材の柱や梁をを組み立てる作業(工事)の事を言います。
主に高層ビルや高層マンションなどの建築物を施工する際に行われる基本の作業です。重量のある鉄骨を組み上げる作業は非常に難しく、技術と経験を積んだスタッフのコンビネーションなくしては成し遂げられません。

重量物(鉄骨)を高所で取り扱う作業のため、危険が伴います。
岡部建設工業では、熟練した職人による安定感・安心感のある作業をお約束いたします。

鉄骨工事の主な作業

玉掛け

玉掛け

玉掛けとは、重量物をクレーンなどで吊りあげるために地上から荷にワイヤーを掛ける作業の事を言います。鉄骨の大きさや形によって重心を失わないように、吊り方や吊った後の荷の角度に気を配らなければなりません。鉄骨建方では最も難しく危険な作業になります。玉掛けの作業者は安全衛生法に定める資格が必要になります。

鍛冶工事

鍛冶工事

鉄骨工事では、設計と寸分の違いもなく組み上げるのに欠かせない作業が必要とされます。 鍛冶工事では、ガセットプレートを新規な所に溶接したり、各所調整等が必要とされる作業を行います。
鉄骨同士を半自動溶接機を用いて溶接し、緩むことなく設置するための工事です。固定したボルトやリベットを溶接することで、鉄骨同士を補強し、強く安定した鉄骨へと組みあげていきます。

本締め

本締め

鉄骨ジョイントをボルトで締め付けることを言います。ボルトは、一次締め、本締めと呼ばれる行程で締め付けられます。
鉄骨同士を組み合わせ、すぐに強く締めると、接合部分に遊びが無くなり、接合部分にずれが生じることがあります。そのため、まずは全ての接合部分を一次締めという行程で決められたトルクで一次締めしてから本締め作業を行います。

仮ボルト
仮ボルト

本ボルト入れ
本ボルト入れ

1次締め・マーキング
1次締め・マーキング

本締め完了
本締め完了

仮設工事

仮設工事

仮設工事とは、建物の新築工事から改修、解体などをする場合に必要になるのが仮設工事です。家屋、アパート、マンションをはじめ、商業施設、ビルなど様々な建物の建設の際に工事を安全に施工するため、必要となる足場やシートを設置することが主な作業となります。

仮設水道、仮設電気、仮設トイレなどの工事中には必要不可欠なものです。工事完了時には撤去され、形として残らない作業ですが、建設工事を陰で支える大切な作業です。

協力会社募集中